メタファーの境界

20代女の日記です。日常の肥溜めの上澄みみたいな感じ。

禁酒しようと思った

昨日忘年会がありました。大学の学部の先輩で仲良くしてくれている人がいて、誘ってもらいました。

何故か超絶グロッキーになりました。

昨日の忘年会は18時からで、16時頃に白菜のっけた袋麺の煮込みを胃に入れて臨んで、4杯でリバース。


(・ω・)


私はお酒が弱いです。強くなろうと試みて、一人で梅酒をひそひそ飲んでいた時期もありましたが、せいぜい飲めて2、3杯です。元々発泡酒の缶半分で頭痛がするところからのスタートだからそれでも強くなってるけど。

お酒の場の雰囲気も好きだし、もっと飲みたいし、飲めないと割り勘とか金銭的に損だし、酔っ払いたいけど、体質的に無理です。

空腹で飲むと我慢できない吐き気にその場で襲われるので飲み会の初めはひたすら食べます。昨日は特に準備して行ったのですが、体調が良くなかったのかなんなのか、家帰ってから吐きまくりました。

トイレで吐きまくってたら「ああ、一人暮らしって、もしなんかあっても、誰も助けてくんないんだな…」とふと思って、止まない頭痛に生命の危機を感じました。苦笑

だったら飲まなきゃいいんですが、
「自分はお酒が飲めない人」ってのを認めることがむつかしくて、なんとか飲めるし、これまではそんな感じでやってきたんですが、

そろそろ限界かなあと…



(・ω・)…



こうやって飲み会から遠ざかっていくのだろうか。要は若気の至りで酒飲んでたと。大学出てそろそろまる3年。そういう時期なのかしら…(・ω・)

お酒が飲めない人でも楽しめる飲み会とか、あるいはそれに匹敵するシステムってなんだろう。たとえ飲める側が気にしていなくても、飲めない側は飲めないことを気にするよな。私はそうだ。

もしかしてそれも若気の至りなのかしら。


昨日店から出てトイレ行ってたら、その間にグループからはぐれてしまって、その足で帰った。苦笑


酔って明るくなる人になりたいなー。


良い年の瀬を。