読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メタファーの境界

20代女の日記です。日常の肥溜めの上澄みみたいな感じ。

八階の意向

京都文化博物館琳派展がやるらしい。地下鉄の駅も「琳派祭り」みたいなポスター貼ってるよね。詳細がポスター見てもいまいちわからなかったのだけど…。この展示もそのお祭りの一部なのだろうか。

全然詳しくないのだけど、尾形光琳がつくった重箱があるんだったら本物見に行きたい。大学の授業で見せてもらったNHKの番組で見たやつ。内容あんまり覚えてないけど、すごい考えられたものなんだなって思ったの覚えてる。ただの装飾じゃなくてコンセプトがちゃんとあって、内側のデザインと外側のデザインが繋がってたりするの。重箱が当時どれ位日常で使われてたか知らないから比重がわからないけど、ほんとにアートでプロダクト。美しいなあって思った。

 

昨日ね、企業説明会行ったんです。府がやってるやつ。前の記事に書いてた大学の求人情報を朝に見ることが出来て、その中にコレに参加してますって求人票に書いてる企業があって、自分も興味を持てるものつくってるメーカーだったから。

でもいざ行ってみて、「実は御社の職種をまだ把握していないのですけど」とか「既卒2年目です」とかいちいち言ったのが相手の癪に障ったみたいで、なんか印象悪くしてしまった。どちらも必要な情報だと思ったから言ったのだけど、明らかに他の子とちがう応対されたのが私も釈然としなかった。

バイト遅刻して行った分損したのか、履歴書を出す前にどんな人が上司になるかわかって良かったのか…(・ω・)

履歴書、どうしようかな。
もう出さない方がいいかなー。
その企業のやってること、やれそうなことはとても魅力的なのです。
働きたいと思うかどうか。

(・ω・)

そんなことがあって、バイト中に先方に書類届けるためにウチの会社が入ってるビルのエレベーター乗ってたら、お隣の会社の人と学生ぽい女の子が乗ってきて、その時の会話が
「すごいねえ、学生でもうそこの企業でインターンみたいなことしてるんだ、で、お金も出てるんだねえ」的なね(苦笑)。

書類届けて帰ってきたら同じ人が違う学生を送り届けてて、帰りのエレベーターでまた一緒になったので、「学生のインターンの方達ですか?」って訊いたら「ワークショップしてて、でも内定とれてる子もいてどうすんのみたいな…」という話をしてもらった。もうエレベーター着いてんのに話してくれた。いい人。

でもそうかー。内定とれててもワークショップ来るよね。いいなあ!(笑)

明日は履歴書書こうかなー…