読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メタファーの境界

20代女の日記です。日常の肥溜めの上澄みみたいな感じ。

台北に行ってきました

ニートやってるときに「小籠包食べたいなー台湾行ってみようかな…」と思って物価とか調べてたのですが、すぐ面接の話が出て流れてしまってました。たまたま3連休になったので思い立って前日にエクスペディアで飛行機とホテル予約して、仕事行く前にガイドブック買ってその日に飛行機乗って行ってきました。肩下げカバン一つで(笑)。ちょっと感想を書きます。ちなみに3度目の海外旅行で、初めての一人旅です。


台北すごく都会ですね。結構バスで走ってもずっと街。MRTという東京メトロみたいな地下鉄が走ってるのですが、東京メトロより掘ってないので(笑)、分かりやすい。ホームの安全柵も完備で機能的で美しかったです。


とりあえず目的は小籠包を食べること、占いをしてもらうこと、九份に行くこと(千と千尋の神隠しのモデルになったところらしい)。あと景色の写真を撮ること。全部達成できました。他にマッサージしてもらったり、タピオカミルクティー飲んだり、朝市に行ったり、お寺行ったり。治安のレベルがよく分かってなかったのですが、心配なかったです。

 

ちょっと写真。
ちなみに台湾のお金「元」は、調べてみたら2016年5月19日で1元3.35円でした。MRTは20元である程度の距離が乗れます。

f:id:matsuya0246:20160521025939j:plain

夜の台北駅の近くの交差点。

f:id:matsuya0246:20160521025953j:plain

やはりバイク多い。

f:id:matsuya0246:20160521030006j:plain

雙連駅の朝市。お惣菜目的だったけどフルーツの方が多かったです。殺虫剤とかも売ってた(笑)。地元の人が材料買いに来る感じ。

f:id:matsuya0246:20160521030331j:plain

行天宮駅から歩いてすぐの地下にある占い横町で見てもらいました。平日の午前中のせいかガラガラだった。熱心に営業してきたおばさんがいたのでそちらで。四柱推命と手相。おじさんが見て、おばさんが通訳してくれて書き起こしてくれます。私の子供は出世するそうです(笑)。そうなのか。

f:id:matsuya0246:20160521030407j:plain

忠孝復興駅の辺り。九份へはバスで行ったのですが、そのバスは忠孝復興駅の近くにあるバス停から出てます。九份は夕方が景色の見頃らしくここでタピオカのミルクティー飲んだりマッサージ行ったりして時間潰しました。マッサージはチェーン店ぽいところで背中と足つぼ35分500元でした。そごうがあるのだけど、その裏にあるお店の肉まんが美味しかった。18元でした。

f:id:matsuya0246:20160521030429j:plain

九份。細い階段と裏道が多くて迷路みたいになってます。裏道に入るとぱったり人がいなくなる所もあって面白かった。

f:id:matsuya0246:20160521030503j:plain

背景に馴染む猫とか犬。

f:id:matsuya0246:20160521032027j:plain

たくさんいる。

f:id:matsuya0246:20160521030529j:plain

曇りだったけど、黄昏時の九份

f:id:matsuya0246:20160521030557j:plain

千と千尋感。


ちょっと注意なのは見頃は夕方なのに18時ぐらいからお店が閉まり始めるので一気にみんな帰り始めてバスが混むこと。でも15分間隔ぐらいで台北市内行きが来てました。

 

f:id:matsuya0246:20160521030626j:plain

2日目の朝に行った龍山寺

 

あとweb環境をどうしようかなーと思って、どうも「iTaiwan」というフリーwifiがあるらしくそれを使おうと思ったのですが、夜中着の空港だとwifiカウンターが閉まってました。事前登録はwebから出来るのですが、現地の手続きも要るっぽい。台北駅でも観光窓口で出来るらしいのですが、まあいっかなーと思って結局webなしで過ごしました。ホテルのwifiはあるのでそれである程度調べて、あとはガイドブックと迷う、みたいな…(・ω・)後述のお兄さんによると「iTaiwan」は郵便局とかの施設限定で、台北市内ならそれよりも「TPE-wifi」の方が電波飛んでるらしいのでそっちのがおすすめだそう。これもwebで登録できるのですが、やってみたら認証番号のSMSが来なくて…(・ω・)台湾国内で日本の国際番号を付けてるからダメだったのかな。

webの事情はそんな感じでした。

 

 

ギリギリ二泊三日でしたが、実質行動時間は1日と2時間ぐらい。お金は2万円換金しましたが、使いきれずまた両替して6000円返ってきました。ホテル・飛行機で2万3000円ぐらい、家と空港往復が7000円ぐらい。4万5000円で収まるボリューム。私の感覚だと新幹線で東京行って帰ってくるのとおんなじ感じでした。


そして行く前はあまり意識していなかったのですが、日本語を話せる方がやはり多くて…(・ω・)カンボジアの時も思ったけど、現地に行くと現在が先人の築いた歴史の上にあることを肌で感じる。若い人も単語言えたりさ。色々だろけど、私は粛々さと毅然さが混ざるような気持ちになりました。ちょっとね。

良くも悪くも外国の言葉を話す必要があるのは、世界のパワーバランスを意識させる。前に飲み屋で知り合ったニューヨークのお兄さんとか、梅田でシェフしてるパリのお兄さんとか、自国で稼げなくてこっちに来てるっていう人もいる。日本もそろそろその方向に動いてるよね。


それにしてもさくっと行けるもんだなーと…(・ω・)実は前の会社の下請けが台北にあって、スカイプでやり取りしてたので勝手に親近感がありました。行けてよかったです。

 

 

しかし今回何よりも印象に残っているのは、空港から台北駅に夜中着のバスで行ったのですが、乗り合わせたお兄さんにホテルまでの道を助けてもらったこと。私は京都に住んでいるのですが、お兄さんも京都にこないだまで留学してたらしく住んでたところがご近所だった。ご実家が台北駅の近所らしい。お兄さんいなかったらかなり迷子になってた。20日の総統就任の際でもうまくホテルに帰れる道を提案するために遠回りしてくれたっぽかった(私の英語力が、ない…)。それで大回りをすると二二八公園という大きい公園があるのだけど、「ストレンジな人たちがいるから」と治安に気を遣ってくれて、夜通るならレンタルサイクルを使うといいってことを教えてくれた。めちゃくちゃ優しかった。よくわからなかったのだけど、京都を昼に出たのに上手く進めなくて到着が深夜になっちゃったらしい。さらに遅くなってすいません。。

 

そしてほんと情けない話なのですが、私の経験値が足りなくてお名前と連絡先を聞きそびれてしまいました。「フェイスブック教えて」ぐらい言えばよかった。助けてもらったら、普通お礼の手段を残すよね…(・ω・) 京都で看護系の学校に通ってたらしいので、私の友達の後輩とかをつたって調べることはできるかもしれないけどなんだかストーカーみたいだよな。。このことが今とても自分の中で引っかかってて、久しぶりに悔しい感情を覚える。自分ほんまアホやん。どうしたらよいだろう。どうしようもないかなー…

 

 

(・ω・) 

 

 


そんな感じの旅でした。出会う人出会う人みんな親切だった。流れてる空気が心地よかった。その辺で売ってる肉まんがやたら美味しかった(笑)。きっとまた行く。

f:id:matsuya0246:20160521031256j:plain